石積接着補強(モルダム)工事 施工例紹介 岡山県倉敷市

 

皆さんこんにちは

岡山県岡山市北区にある株式会社トーラスです



本日は石積接着補強(モルダム)工事の

施工例を紹介したいと思います(^O^)

岡山県倉敷市の施工例



こちらのお宅では石と石との間に大きな隙間が出来てしまっています。

家との間にある石積上部から水が浸入し一部はせり出している状態です。

また内部の空洞化も激しくこの状態になってしまうと

いつ崩壊してしまってもおかしくありません。 

こうした石積の場合はコンクリート擁壁に補強する方法が一つ考えられます。

しかしコンクリート擁壁の場合補強自体が前面にせり出す形に

なってしまい、石積が近隣の土地に浸入してしまうことになります。


石積接着補強(モルダム)工法では前面にせり出すことなく

補強が可能な為、近隣の土地に浸入することはありません。

また費用もコンクリート擁壁を作るよりも安く抑えることが可能です。 



通常は専用の接着剤を注入するために水で流して清掃を行うのですが、

こちらのお宅ではすでに空洞化の部分が大きくなってしまっている為、

通常と同じように清掃してしまうと崩壊の危険性があります。 

その為不安定な隙間の大きな部分には新たにかませ石をかませて崩れないようにします。



モルダム注入前の下準備として石積内部にある不要な土砂を掃除したり、目地の除去、草や木の除去をします。

大きな木の根はバーナーを使って焼き除去します🔥



モルダム注入の為の隙間を作ります。

内部まで届かせるために不要になった目地をハツリ機を使い除去していきます。





上部から水を流し土砂を取り除くことによりモルダムを注入した際、

多くの面の石同士がくっつき密着がより強固なものとなります。



モルダム工法専用の接着剤を奥まで塗布し注入の準備を行います。



専用の水抜き剤を隙間に入れることで注入後はそこから水が流れ出し、

内部に水が留まるのを防ぎます。

注入後に前面に飛び出している不要な部分は適度な長さにカットします✂



モルダム注入下準備が完了したらいよいよ注入作業です。

日差しが強く暑い時はテントなどを使い、熱中症に気を付けます🌞



注入中👏

石積内部までモルダムを注入中します





隙間なくびっしりと入れます(^^)





モルダム成型作業中

コテを使って注入されたモルダムの形を整えます✨



高圧洗浄作業中

表面についた汚れを高圧洗浄を使って綺麗に落として完成です✌



施工前


施工後



石積接着補強(モルダム)工事のお問い合わせはこちら

========================================

株式会社トーラスでは新規事業立ち上げ為 新入社員の方を募集しております。

動物が好きな方、バイクが好きな方、楽しい事が好きな方、パソコンを触るのが好きな方

あなたの好きを仕事に活かしてみませんか。 

お問い合わせは弊社HPのトップメニューの採用情報まで。 皆様の御応募をお持ちしております。


弊社SNSにて会社情報や可愛いやぎさんの写真などを発信しています。

こちらも皆さんのフォローといいね!をお待ちしております。

Twitter      https://twitter.com/Torus_jp

Facebook        https://www.facebook.com/torus_jp 

インスタグラム    https://www.instagram.com/torus_jp/

========================================