たまには電子回路の話

 
だんだん暑くなってきますねー 

 トーラスのブログはチャレンジと言いながら、山羊一色なのですが、

 たまには電子回路の話もしたいと思います。


 2015年10月に発売された、P社のネットワークSDカードレコーダーは、  

コンパクトで使いやすく、町内会さんの防犯カメラなどにはお勧めで、 肝心な時までほったらかしにできます。 

 

でも、ただ一つ不満があって、屋外設置する場合は収納箱に納める為、 レコーダーの動作が外からは全く判りません。 


 製品についている取扱説明書の設置編には、 重要として、「本製品は公衆ネットワーク等による通信機能を備えていない為、 システムの異常を遠隔に通知する機能がありません。 収納キャビネットに入れて本機の状態が確認できない場合は、 アラーム出力端子によるシステム異常出力を使用して、 収納キャビネットの外部に表示する仕組みを必ず設けてください。」


 と記載していますが、レコーダのオプション製品を見ても記載がない。 なんのこっちゃ、多分キャビネットの外部に表示する仕組みというのは、 表示灯やパトランプの事を言っているのだろうけど、 アラーム出力に対応している表示灯、パトランプの値段が非常に高い ということで、予算もないので自分で作ってみましょう。


 アラームの出力は、オープンコレクタ出力なので、Arduinoを使用、 Arduinoは結構出来上がっているチップで、種類もたくさん出回っており、 書き込む命令も共通なものが多く、値段も一つ1000円以内で購入できるため、 基盤、ケース、端子を入れても2000円ぐらいで作れます。



 Arduinoは機種によって制約はありますが、ある程度自由にピン設定が可能で、 使用できるピンの一つをアラーム入力とし、残りのピンにLEDを光らすと言う 設定が簡単にできます。 またUSB電源供給が可能なので、電源アダプターの入手にも困りません。 


 まずは、Arduino UNOをPCとUSBで接続し、PCからプログラムを転送、 



 Arduino単体で動作確認し、問題なければArduino Nanoを基盤に設置し、 




 配線、外部端子をケースに設け、プログラムを書いて出来上がり。 



この外部端子にLEDを付けると、アラーム状態に対して点灯します。 



 完成、それでは・・・・